特集!九十九島牡蠣の比較サイト6選

TOP > 九十九島の牡蠣について > 長崎九十九島産の牡蠣の良さや特徴の概要

長崎九十九島産の牡蠣の良さや特徴の概要

九州圏内はもちろんの事、日本国中探してもめったにはお目に罹れない、細やかな小島が多く群れているような光景でも有名な、観光スポットの1つでもある、長崎県佐世保市内西沿岸部にある、九十九島ですが、実はここではなんと、あの貝類であり高級品である「牡蠣(かき)」が多く獲れる場所でもあります。
もちろん、野生の牡蠣では無くて、養殖によるものですが、実はこの牡蠣自体には独特の味の特徴があり、これがとても好評になっていて、購入される大きなきっかけになっています。
一般的には「九十九牡蠣」といった俗称などで呼ばれていて、他の地域で獲れる牡蠣類などよりも独特の塩味が効いた辛味があって、これが美味しさの特徴になっています。
そしてこの辛さ自体がこの九十九牡蠣でしか味わえないものであり、その独特の養殖法にその一番の秘訣があります。


この九十九牡蠣自体は、通常の牡蠣のように沿岸より少し離れた場所などでの養殖をされたりするのでは無くて、沿岸内陸部近くにある入江の箇所に設置をされた養殖網の中で、養殖をされているものです。
そうした場所で養殖をすると、通常の沿岸部より離れた養殖網内で育てられたものよりも、体内の塩分が濃くなり、大きさが小さくはなっても肉身が中々締まった仕様になって、味わいや歯応えなどもある、独特の味わいの出来映えになりますので、そうした養殖仕様からなる、九十九牡蠣ならではの人気の根拠がまさに、この養殖法にある事は間違いはありません。
そして、ここの多くの漁業関係者の方々も言われているように、通常の牡蠣よりも小さめである、その代わり塩味と身が引き締まった独特の特徴のあり方から、よそのところでは決して味わえないオリジナルさがある点が、このブランドの良さです。


そしてなんといっても、配送の特徴として、その現地である九十九島地区からの、直接配送といった仕様になっているところです。
確かに各漁業事業者毎により送料の有無や料金相場の違い、出荷時期などが異なる事もありますが、何れでの事業者のものではあってもその美味しさの保証は確実ですので、購入をしておいてどれも損はありません。
その上、1㎏・2㎏・3㎏といった、それぞれの重量別でのコースやプランの仕様である各グレードがありながら、2千円台・3千円台・4千円台、といった、1人ではとても食べきれない量でありながら購入価格の安さも、その独特の味と並んで好評があります。
また、楽天市場などのネット通販とかでは送料が全重量グレードの何れでも無料で売られているものも存在しています。
なるだけ安く購入をしたいといったお考えがある方などには、こうしたネット通販サービスのものも、中々お勧めです。

MENU