特集!九十九島牡蠣の比較サイト6選

TOP > 九十九島の牡蠣について > 牡蠣の名所は九十九島で決定です

牡蠣の名所は九十九島で決定です

海のミルクとも呼ばれている牡蠣がおいしい季節になってきました。
あたりやすく、一度あたるとトラウマになるとも言われていますが、鮮度が新しければ、とてもおいしくて、安心です。
広島などの瀬戸内海沖などでも産地としては有名です。
土手鍋などが名物にもなっていますが、長崎県沖に浮かぶ、アドレス的には佐世保に値する、九十九島などでもとてもおいしい牡蠣が獲れるとして、有名です。
日本全国でも国土が全て海で囲まれている県としても有名な長崎県は、当然海の幸の宝庫です。
新鮮でおいしい日本海沿岸で獲れる魚介物も有名です。
海辺で撮りたてを食べれる期間限定などのお店も沢山出ていて、旅行などで立ち寄った際は、是非とも獲れ立てのフレッシュな物をそのまま海水の塩分のみで食べてもらいたいです。


もうそれは、まさに自然の恵みと言ってもいいでしょう。
海水のみですが、鮮度が高いので、そんなシンプルな状態でもとてもおいしく頂く事が出来ます。
グツグツ炉端で焼いて、ちょっとだけお醤油を差して食べても良いでしょう。
市販の物よりも、やっぱりその身の肉厚さには驚かされると思います。
殻のまま頂くのもまた、普段のスーパーなどで購入した時には味わえないです。
それがそのまま器の代わりになって、身を食べた後、残った海水のお出汁をジュッと食べるのは、もうこの上ない幸せです。
ここにワインなどを差して食べる方もいれば、お供としてワインをと言う方もいます。
とにかく白ワインがとても合いますから、お試しする甲斐はあるでしょう。
レモンを添えてちょっと絞って食べるのも、良いかも知れませんね。


とにかく九十九島に行けば、その新鮮な味にびっくりするでしょう。
産地直送などでネットなどでも購入出来ますので、お試ししても良いかも知れません。
でも殻をこじ開けるのが結構大変ですから、どうしても真空パックになってしまいます。
でもそれも、別の産地のものと比べれば断然おいしいです。
食べればその違いに気づくでしょう。
直送してもらっても、生はちょっと怖いと言う人は、火を通せば安心です。
一般的にはフライですね。
これもレモンをジュッと絞って、タルタルと合わせれば最高です。
殻つきならば、簡単に生クリームを少し入れ、上からチーズをかけ、最期にパン粉を散らしてグラタンにしてみるのも、手間いらずで、でもちょっとオシャレな感じに仕上がりますから、お勧めな調理法のひとつです。
おもてなしのアペリティフにはぴったりです。

次の記事へ

MENU