特集!九十九島牡蠣の比較サイト6選

TOP > 九十九島の牡蠣について > 九十九島牡蠣をお得に食べられる

九十九島牡蠣をお得に食べられる

マガキは、九十九島の牡蠣としてブランド化されているのが特徴です。
11月から3月までの5ヶ月が旬であり、養殖加工場も数多く、全国へ出荷されています。
九十九島の海は真冬の水温差も激しく、マガキの中で小粒であるのも、頷けます。
小粒ですが、身が引き締まっている分、コクのある味わいは、海のミルクと言われるだけあると評判です。
殻を剥いて生食としてだけでなく、焼き牡蠣や蒸し牡蠣、冬場が旬であるために、鍋などの調理方法があります。
九十九島の海にはプランクトンも豊富で、その海で育つ牡蠣もグリコーゲンや亜鉛、カリウムなどの栄養素を含み、疲労回復にも期待されています。
同じく、水産物で九十九島ブランド化がされているのがトラフグで、同じく旬の時期もカブっており、牡蠣も加えた贅沢な鍋も、市内の一部飲食店などで提供されています。


牡蠣のシーズンとなる11月からは、新鮮な九十九島牡蠣を炭火で焼いて堪能できるかき食うカキ祭りも、地元で催されています。
焼き台がズラリと並び、地元の水産加工を販売する出店も人気となるのも魅力です。
ポイントとなるのが、秋の陣から冬の陣と、旬の時期が長い九十九島牡蠣ならではの楽しめるスケジュールです。
土日、祝日などの休日に限定することによって、多くの地元民、観光客が参加でき、PRにも繋がりますし、コミュニケーションにも結び付きます。
殻付きで、生食もできる鮮度のよい牡蠣が提供されていますが、約1kg800円から1200円が相場です。
こうしたイベントでは、炭・軍手・専用ナイフがセットになっていることで、手ぶらで楽しめますが、屋外であるために、防寒対策も必要です。


期間限定である点も含め、九十九島から新鮮直送便を活用するのも手のうちです。
特産品を、電話やメール1つで気軽に全国に送れるのは便利です。
また、九十九島の旬の幸として、殻付きはもちろん、剥き身の状態の天然物、養殖物が提供されており、味の比較も楽しむことができます。
殻の重さが加わるため、例えば、1kgあたり800円でも、個数は5個から7個程度です。
その分、剥き身の状態であれば、個数も倍となり、お得感も得られますし、剥き方がヘタであるなど、調理のしやすさもポイントです。
また、九十九島牡蠣と一口に言っても、養殖場も北と南にあり、牡蠣小屋をはじめ、参加もできるセリ市で魚貝類を競り落とすことも可能です。
安価に仕入れる飲食店お墨付きとなる市場であることで、安心と信頼、さらにリーズナブルに手に入れることができます。

次の記事へ

MENU