特集!九十九島牡蠣の比較サイト6選

TOP > 九十九島の牡蠣について > 九十九島の珍しい地形が育んだ栄養豊富な佐世保名物

九十九島の珍しい地形が育んだ栄養豊富な佐世保名物

佐世保市からフェリーで巡ることができる九十九島は、海に数々の島が浮かぶ、大変込み合った地形の島々です。
その数は、実際は200近くあると言われていますが、たくさんあるという意味から、「九十九島」と呼ばれています。
国立公園にも指定されている九十九島は、島の密度が最大と言われており、この地形が生態系に大きな影響をもたらしていると言えます。
九十九島では、この複雑な地形により、海流が穏やかに流れ、栄養が豊富に含まれた状態が保たれるため、牡蠣の養殖に大変良い言われています。
栄養をたくさん含んだ海水が育む牡蠣は、身が引き締まり、栄養が豊富であることが特徴で、冬から春にかけて、たくさんの観光客が牡蠣目当てに九十九島を訪れています。
牡蠣の養殖は、瀬戸内海など、日本のあらゆる地域で盛んですが、九十九島の牡蠣は身が引き締まって甘みがあり、味が濃厚なことが特徴です。


九十九島の牡蠣の魅力は、何と言っても「牡蠣小屋」にあります。
牡蠣小屋とは、期間限定で営業している、牡蠣を焼いて食べる簡易的な小屋のことで、自分で焼いて食べることが可能となっています。
その注文の仕方は、かごに入った牡蠣を購入して、炭火の上で網を使って焼くもので、好みの味付けで食べられることが最大の魅力です。
牡蠣小屋は、店によってさまざまな雰囲気ですが、ほとんどが半野外のような、簡単なビニールで囲われた場所であるため、まるでバーベキューのような楽しい雰囲気を味わうことができます。
また、牡蠣はいくらでも追加できるため、食べられるだけ購入できます。
さらに、牡蠣以外にも海老やホタテなど、たくさんの海鮮類を楽しむことができ、アルコールを楽しみながら、みんなで楽しくワイワイと牡蠣を食べられることが特徴です。


九十九島の牡蠣は、牡蠣小屋やスーパー、地元の直売所などで購入できますが、その特徴は何と言っても価格の安さにあります。
時期や養殖の出来具合にもよりますが、一キロ千円以下の場合が多く、一かごに10個近く入ったものが千円以下で食べられます。
九十九島の牡蠣は、島々の間を穏やかに流れる海流によって育まれた、栄養豊富な海水によって作られるため、身がぷりっぷりで引き締まっており、ジューシーで甘みがあることが特徴です。
まさしく「海のミルク」と呼ばれる海産物を、この価格で食べられることが、九十九島牡蠣の最大の魅力です。
牡蠣小屋では、牡蠣を自分で焼いて食べられるだけでなく、牡蠣ご飯や牡蠣フライ、クラムチャウダーなど、店の独自のメニューを味わうことができます。
持ち帰りでも、キロ単位で購入できるため、佐世保のお土産としても大変おすすめです。

次の記事へ

MENU