特集!九十九島牡蠣の比較サイト6選

TOP > 九十九島の牡蠣について > 九十九島での牡蠣を食べるイベント

九十九島での牡蠣を食べるイベント

九十九島かき食うカキ祭り、牡蠣野外食事サービス、カキ焼き屋外イベントその他、幾つかの催しものがここの長崎県佐世保市沿岸部にあたる、九十九島地区で開催をされている様子でもあります。
実はこの地は九州圏内でも大変珍しい、独特の養殖法でも有名な牡蠣類の名産地でもあります。
そして、ここの漁業関係者が養殖で生産をされている牡蠣類の名称は「九十九牡蠣」といった名称ブランドにもなっていて、とても有名であり、ネット通販や従来型の通販、直販での卸注文でも受け付けていますので、購入してみる価値がある製品でもあります。
これはここの多くの牡蠣養殖関係者の方々が口を揃えて言われている事でもありますが、通常の牡蠣よりも大きさが小さいとの見た目の特徴があります。
確かにそうですが、実は独自の味のあり方がここの牡蠣にはありますので、これが実はブランドとして認定をされた一番の理由でもありました。


見た目が通常の牡蠣よりも小さいのに人気があり、本文1冒頭でも話した各種イベントが多く開催をなされている九十九島地区ですが、クルーズ船や遊覧船での近海巡りでの催しなどは、従来からなされてきた経緯があります。
ただ、こうした牡蠣を通じての各種イベントなどが多くなされるようになって来たのは、やはり、2010年代に入ってからと言えます。
そして、最近のイベントとしての特徴はと言えば、やはり、近年の自家用車の性能の向上などもあり、遠方から来る家族連れや親子連れ、職場の同僚連れ、友人同士などで、車で訪れる方なども多くなった事から、同地区での牡蠣関連イベントで使用するための、遠方からの来訪者の方を対象にした総合大型駐車場などが開設をされたりしています。
そこに停めて、事前予約をしていた牡蠣生産業者がやっているイベントへ出掛けるようになっていて、大変交通面での利便性も充実をされています。


ただ、それでもやはり牡蠣イベントならではの、様々な面での限界といったものが存在しており、これらが大きな課題にもなっていて、牡蠣生産業者なども悩んでいるところでもあります。
元々は高級貝類であり、養殖自体がとても難しかった牡蠣類ですので、やはり育っていく上での時間がどうしても掛かる面がある点です。
そのため、獲れる牡蠣自体の総数に限界があり、イベント時の最中に不足になる事態も幾らかあった過去もあります。
次は、やはりあまり九十九島地区まで来られる交通面での課題です。
佐世保市西沿岸部に位置していて、少し複雑な入り江状になっている場所でもありますので、先程話した大型総合駐車場ではあっても、その日の来客の方の車両を全て収納しきれない事が、シーズンによってはある点です。
そのため、駐車場維持管理の面での課題があります。
その他様々な課題がここではあり、それらの解決の道が模索をされている現状でもあります。

次の記事へ

MENU